薬剤師の給料の手取りの相場・平均は?

薬剤師の給料ですが平均年収は500万円前後で、月給だと34〜35万円が平均的な数字です。薬剤師の年間のボーナスの金額もおよそ80万円で、医療関係の仕事のなかでは医師に次いで高い給料水準になっています。

薬剤師の平均月給が34〜35万円だとすると、手取りに換算すると約30万円前後が薬剤師の平均的な金額ということになります。しかしこの数字はあくまで平均的な金額なので、年齢や勤務先や地域などによっても異なってきます。例えば新卒の薬剤師の場合の手取り金額は25万円前後ですが、入社から4〜5年で手取りの月給が30万円を超えます。

ただしこれは男性の薬剤師の平均的な給料で、女性の薬剤師の場合は多少違ってきます。新卒の場合は女性の薬剤師もほぼ同じで手取り金額も25万円前後ですが、男性と比較すると手取りの月給が30万円を超えるのは少し遅く入社から10年目以降です。それに対して男性の薬剤師の場合は、10年目以降から手取り金額も40万円前後になります。

女性の薬剤師の場合も40〜50代のベテランにもなると手取り金額も40万円を超える方もいます。このように薬剤師の仕事は他の業種と比べると給与水準が高く、福利厚生などの待遇面でも充実しています。薬剤師のアルバイトも時給が2000円前後と他のアルバイトと比べても高く、薬剤師のなかには常勤の仕事を辞めてアルバイトで生計を立てている方もいます。特に夜間のドラッグストアでのアルバイトは時給も高く、昼間は本当に自分がやりたいことをやっている薬剤師の方もいます。

薬剤師の高収入求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師
  • ・薬剤師求人を給料アップの条件で探すのであれば、リクルートのリクナビ薬剤師が1番!
  • ・リクナビ薬剤師であれば高給の薬剤師の求人案件が、どこよりも豊富に掲載されています。
  • 薬剤師の求人数が35000件のリクナビ薬剤師であれば、必ず高給の就職や転職ができます。
  • ・他の薬剤師の転職支援サポートにはない、給料面で妥協しない転職支援サポート!
  • ・リクナビ薬剤師のキャリアアドバイザーが、貴方に代わって給料アップの条件で探します
  • ・貴方が知りたい薬剤師の給料アップの求人を、キャリアアドバイザーが全て教えます。
  • ・さらに給料アップの求人情報だけではなく転職した後のサポートまで担当がサポート!
  • ・貴方の資格や磨いてきたスキルを活し、リクナビ薬剤師で給料アップへつながませんか?

詳細はこちら

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
  • 94.6%の利用者が給料面で満足したと答えた、マイナビ薬剤師で貴方も転職しませんか?
  • ・登録するだけなのでこれまでより給料アップの求人案件をご紹介!もちろんすべて無料。
  • ・国内でも最大級の薬剤師転職支援サービスなので、給料20%アップの求人など当たり前!
  • ・一般には公開されていない非公開の求人案件の中には、給料30%アップの求人案件も。
  • ・マイナビ薬剤師のキャリアコンサルタントは、給料面では絶対に妥協しない徹底サポート!
  • ・3つのキーワードの「簡単」・「納得」・「安心」に、4つめの「高給」というキーワード
  • ・マイナビ薬剤師の特徴はどこの病院やドラッグストアの、給料が高いかという情報収集力。
  • ・経験豊富なキャリアコンサルタントの情報収集力で、貴方も給料をアップさせませんか?

詳細はこちら

ヤクステ

ヤクステ
  • ・マーケティングスタッフとコンサルタントのチーム力で希望する給料アップをサポート!
  • ・他の薬剤師の転職支援サイトにもないような、高額な給料の求人案件をご紹介します。
  • ・ヤクステで就職や転職をした薬剤師の方の、99%が給料面でも大満足しています。
  • ・ヤクステで就職や転職をした薬剤師の方の、1%が給料面でなく他の理由で離職!
  • ・ヤクステの強みはヘッドハンティングの会社だったこと。その為給料アップも任せて安心!
  • ・ヤクステのコンサルタントは薬剤師の就職や転職のプロです。希望の給料をお伝え下さい。
  • ・もちろん給料面だけでなく、コンサルタントが希望される条件の仕事先を探してきます。
  • ・忙しい貴方に代って面倒な給料面の交渉なども、コンサルタントがすべてを代行します。

詳細はこちら

薬剤師転職支援サイトを使って給料アップを実現させる方法

職業としては安定している薬剤師ですが薬剤師になるには大学の薬学部で6年間学び、さらに国家試験である薬剤師資格に合格しなければなりません。以前は薬剤師の国家試験を受験するには4年間でよかったのですが、法が改正され6年間になりました。さらに大学の薬学部を卒業するまでには、医師並の学費が掛かります。その上に最近では薬剤師の国家試験の難易度も、以前と比べると若干ですが難しくなっています。

このように苦労して薬剤師になったのに、なかなか給料がアップしないと悩んでいる薬剤師の方も少なくありません。男女によっても薬剤師の給料は異なってきますが、大学の薬学部を卒業して病院・薬局・製薬メーカーなどの就職した時点では、手取り金額も25万円前後とほぼ同じです。その後男性の薬剤師の場合と、女性の薬剤師の場合とでは給料にも差が出てきます。しかしなかには女性の薬剤師の場合でも、同年代の男性の薬剤師よりも給料が高いケースがあります。

この違いは何でしょうか?なぜ自分だけが平均給料よりも低いだろうと思っていませんか?また男性の薬剤師よりも仕事はできるのに、会社の規定で男性の薬剤師よりも低い給料の女性の薬剤師の方も多いと思います。大学を卒業して数年間は仕事に慣れるだけで精一杯で、給料のことなど考える余裕はないと言うのが本音でしょう。

しかし入社後何年間か過ぎると、だんだんと周りのことが見えてきます。自分の能力や自分の価値も自然と分かってきます。するとこのままここで働いても給料もアップせず、転職を考え始めたとしても不思議はありません。そんな時は先ずは情報の収集が大事です。

現状を知るには薬剤師転職支援サイトを使って、最新の情報を手に入れる事をお勧めします。薬剤師転職支援サイトに登録するだけで、無料で最新の情報が手に入ります。さらに薬剤師転職支援サイトのコンサルタントやアドバイザーが、具体的な希望する給料を伝えると彼らが代わりに探してくれます。自分を過小評価する必要はありません。はっきりと自分が希望する金額を、薬剤師転職支援サイトのコンサルタントやアドバイザーに伝えましょう。貴方を評価してくれる、病院・薬局・製薬メーカーなど必ずあります


>>「給料が低い・・・!」とお悩みの方を助ける薬剤師のキャリアアップサイト!<<

薬剤師の給料アップの成功談

事例<1>
調剤薬局で働いていましたが、さまざまな理由でその薬局が営業を止めてしまいました。夫と共働きでマイホームを購入したばかりなので、どこか他の薬局で働きたいと思い、薬剤師の転職支援サイトに登録しました。すると思いがけなくある調剤薬局で、「管理薬剤師として働きませんか?」とコンサルタントの方から連絡がありました。少し迷いましたが、結局その調剤薬局で働くことにしました。給料もこれまでより5万円もアップしました。(金沢市・34歳女性)

事例<2>
大学を卒業してある大手の、全国にチェーン展開をしているドラッグストアに就職しました。ただ転勤も多く子供もいるので、転職を真剣に考え始めました。子供や家族のこともありできれば転職先での給料は、最低でもこれまで働いていたドラッグストアの給料が条件で、薬剤師の転職支援サイトの担当アドバイザーの方にお願いしていました。仕事が忙しく電話で担当のアドバイザーの方とお話しをして、こちらが希望するような転職を紹介してもらいました。希望する給料を大きく上回る好条件でした。(大阪市・37歳男性)

事例<3>
以前は病院で調剤を行っていましたが夜勤もあり、体力的にも限界を感じていました。結婚をきっかけに、薬剤師の転職支援サイトに思い切って登録しました。すると登録から数日してからですが、薬剤師の転職支援サイトの担当者の方から連絡がありました。「調剤薬局で働きませんか?」というお誘いでした。お話しを詳しく聞くと残業もなく、定時には帰れるそうです。病院で働いていた頃は夜勤だけでなく、残業などは当たり前のように行われていました。給料もそれほど期待していませんでしたがこれまでよりも良く、退職の手続きを済ませました。今は期待と不安とでいっぱいです。(東京都・28歳女性)

事例<4>
大学病院に勤務していましたがこれまでの経験を活かして、製薬会社の治験センター部門か治験コーディネーターとして働きたいと思っていました。大学病院では調剤を主に行っていましたが、製薬会社からの依頼で新薬の開発にも携わっていました。薬剤師の転職支援サイトで見つけた製薬会社に何社か連絡をして、面接までこぎつけました。ありがたいことに、すべての製薬会社から内定を頂きました。結局そのなかでも1番条件が良かった製薬会社に決めました。年収も30%アップで満足しています。(神戸市・27歳女性)

事例<5>
3年前に結婚をして、薬剤師の仕事をしばらく離職していました。娘も保育園へ預けることができたのでまた働きたいと思い、薬剤師のアルバイトかパートの仕事を薬剤師の転職支援サイトで探しました。長期間のブランクがあったので、最初は簡単には見つからないだろうと覚悟していました。ところが思いがけずに自宅から自転車で、10分ぐらいの距離にあるドラッグストアのお仕事を紹介されました。午前中の3時間だけですが、時給も1800円と主婦のアルバイトかパートとしては高額です。これも薬剤師の資格のお陰だと思っています。(埼玉市・34歳女性)